NOW TO THE FUTURE

音楽とインターネット育ち、駆け出しマーケターのブログ。

生活効率化の備忘録

f:id:yosshimusic:20180908204716j:plain

生活の効率化が趣味です。

ただ、いったん効率化してしばらく経つと、何をどう工夫したのか分からなくなる(工夫が生活に溶け込んでしまう)ことが最近わかり、これは何となくもったいないなと思いました。

そんなわけで現時点の効率化ポイントを、備忘がてらまとめておきます。

タスク管理アプリをとにかく楽に使えるようにする

アプリは何でも良いです。おすすめはTodoist。個人的にはThings 3ユーザーですが。

ja.todoist.com

使い方のポイントとしては、2つ。 1つは、毎週◯曜日に可燃ゴミを捨てる、×曜日に段ボールを捨てる、△曜日には洗濯する……などを繰り返しタスクとして登録すること。

もう1つは、Apple WatchのSiriなどを活用して、いつでもどこでもパッとタスクを登録できる環境を整えること。

「記憶」でどうにかなるタスクでも登録するのが重要。とにかく脳の負荷を下げると、人生が一気にイージーモードになります。決まった周期で発生するタスクは、自動で脳の外に自動でリストアップされ、臨時で発生するタスクはパッとリストアップできる状況にする。これを徹底できると良いです。

Google Homeで様々なことを音声で入力、操作できるようにする

言わずと知れたスマートスピーカー。

store.google.com

まず、これだけで音楽を口頭で再生できるようになる。「OK Google、サカナクションを再生して」みたいな。家事をしている最中に音楽を聴きたくなって、でも今は手が離せない、みたいな状況ってあるじゃないですか。ないですか? そういうときにノンストレスになれます。

天気も聞けます。「OK Google、今日の天気は?」など。出かける準備をしながら聞くの、意外と良いですね。

しかし、Google Homeが本気を出すのは、このあとです。ここから挙げる製品の音声リモコンとして、大活躍してくれます。

ルンバとスクラビングバブルで掃除の手間を省く

言わずと知れたお掃除ロボ。Wi-Fi対応モデルだと、Google Homeと連携させて操作できるので、さらにおすすめです。

「外出して、帰ってきたら掃除が終わっている」という体験は、1度味わうとクセになること間違いなし。

あと、トイレ掃除の洗剤はスクラビングバブルに変える。ブラシをまったく使わなくて良くなる…かは分からないですが、少なくとも圧倒的に頻度は減らせるはずです。

スクラビングバブル 超強力トイレクリーナー 400g

スクラビングバブル 超強力トイレクリーナー 400g

ここだけ妙にジャンルが違う(電気製品ではない)のがアレですが、でも最高なので……。

Nature Remoであらゆる家電をIoTの仲間入りさせる

標準でインターネットにつながる、言わばネイティブIoTな家電って、まだ高いんですよね。Wi-Fi接続機能がないだけで、普通に使えるものを今すぐ買い換えるのも抵抗ありますし。

そこで、Nature Remo。インターネットと繋がる赤外線リモコンです。

エアコンやテレビ、照明など、赤外線リモコンで操作できるあらゆる家電を、実質的にWi-Fi対応にできます。

Nature Remo

Nature Remo

IFTTTで連携・自動化を極める

ここまでで挙げた機器やサービスを、連携させたり、自動で動かしたりするのに便利なのが、IFTTT。

ifttt.com

できることの例。

  • 「OK Google、おやすみ」と言うと、エアコンと照明が消える
  • 外出時に「OK Google、いってきます」と言うと、エアコンと照明が消え、ルンバが掃除を開始する
  • 自宅に近づくと、エアコンが起動する
  • 「OK Google、明日"◯◯する"をタスクに追加して」と言うと、明日が期日のタスクをTodoistに追加する
  • 「OK Google、iPhoneを探したい」で、iPhoneが鳴り出す(スマホが見当たらないときにサクッと探すのに意外と便利)
  • ◯時になったら電気がつく(いわゆる光めざまし。音めざましより気持ちいい気がする)

設定方法など、詳しくはこのあたりを参考に。

qiita.com

おしまい

生活を効率化するメリット。

  • シンプルに休日や仕事後などの余暇が増える
  • 日常の意思決定が減り、仕事への集中力が上がる
  • 楽しい
  • 魔法使いになった気持ちになれる

デメリット。

  • 婚期が遠ざかりそう

ハッピーらくらくライフ!