NOW TO THE FUTURE

音楽とインターネット育ち、駆け出しマーケターのブログ。

考え

サカナクションが約10年ぶりに1曲のライブ映像を公開した戦略的意義

サカナクションが「多分、風。」のライブ映像を公開。 natalie.mu これ、単に「ライブ映像が1本新たに公開された」以上の意味があると自分は見ています。 これまではライブ映像そのものを「商品」として重く捉えていた サカナクションはここしばらく、「ライ…

「変わろうとしない会社」の愚痴を「辞めようとしない社員」が言う滑稽さ

「うちの会社、いまだに昭和体質でさ」 そう言うのはだいたい、微塵も転職を考えていない社員だったりする。 いわゆる昭和体質と呼ばれる会社の正体は、「いまの状態が居心地よくて、変われない」そんな人たちの集まり。上層部に限った話じゃなくて、平社員…

忙しさを“信号”で表現して、上司とのより良いコミュニケーションを模索してみる

会社で毎日書いている日報に、こんな内容を書いてみることにした。 忙しさ うっすら黄色も見えるけど青信号 いまの忙しさを、信号の赤・黄・青で表現してみるトライです。 「今日やったこと」「明日やること」だけで忙しさを伝えるのは難しい 自分の場合、日…

「とりあえず3年」は正論 —— 社会人1年目を終えて、3年の重みを悟った話

いわゆるブラック企業が取り沙汰されるにつれ、槍玉にあがるようになった「とりあえず3年」という言葉。「ブラック企業が社員を逃がさないための、言いがかりに過ぎない」とか。 社会人になる前は、僕もただそう思う側でした。しかし、社会人1年目を終えて、…

Google Homeで感じる「Spotifyにない音楽 = この世に存在しない音楽」の世界

最近、Google Homeを買ったんですけど、これがすごく便利で。口頭でラジオを聴いてみたりだとか、タスクを追加してみたりだとか、いろいろ使い方は試してるんですけど、やっぱり1番は音楽を聴くのに重宝しています。 Google Homeでは、音楽サービスとしてSpo…

いざというときの勝敗を決めるのは、いつだって「本質的な準備をしたか」だと思う

このセンター試験の季節になると、毎年思い出すことがあります。 1つは、センター試験翌日のクラスの教室。問題形式の変更に惑わされ、絶望にも似た感情を漂わせる人たちと、その人たちを見て素直に喜ぶことはできない人たちが、共存していたあの空間。マン…

「Amazonのデザインは楽天より優れている」は本当か?

国内ネット通販の二大巨頭といえば、Amazon.co.jp、そして楽天市場でしょう。 Amazon は米国発、楽天は日本産。そこから生まれている差はさまざまですが、特に大きなものとして、デザインが挙げられます。 例えば、同じ「ノートPC」カテゴリのトップページを…

面白い話をするための2STEP

たまたま別のソースで、同じ切り口の話を見つけたのでメモ。 面白い体験をする メモ・日記を書く 面白い体験をする 面白い体験をしないと、ストレートに「面白い事実」を話すことすらも無理だよね、という話。 「この人、おもしろくないよね」と思える人の多…

2018 TO THE FUTURE

上京し、1人暮らしを始め、社会人1年目をこなす—— 2017年は、無意識のうちに「いま目の前のことをやり切る」にフォーカスした1年でした。 良い面をあげれば、「楽しい」と思える社会人生活を始められたこと。「あの頃はよかった」とは無縁の大人の世界に…

「詳しく書けば、誤解されない」という幻想

「誤解されるのは、情報に不足があるから」「詳しく伝えれば、誤解されないのだ」 そう思っていた時期がありました。 詳しく書いても読まれない 会社のチームで、自分が書いた文章を見てもらったときに言われた一言。 「長いね」 自分の中では、「組織の名前…

バラエティ番組は苦手なのに、なぜ「ホンネテレビ」は面白いと思えたのか

最近、テレビってほとんど見てなかったんですよ。自慢じゃないですけど。 その中でもバラエティ番組は、忌み嫌うかのように見ていませんでした。見ててしんどかったんですよね。特にここ数年。 何をしたいのか、伝えたいのかが全く分からなかったり、視聴者…

「褒めるときは人前で、叱るときは2人きりで」は本当に正義か

細かい言い回しは定かではないですが、「褒めるときは人前で、叱るときは2人きりで」といった格言のようなものを、ときどき聞きます。 かなり評価されている言葉のようですが、しかしこれ、本当に正しい行動指針なのでしょうか。 特に、後半の「叱るときは2…

新入社員がまず意識すべきは「案を複数出すこと」と「案を複数出せる余裕を持つこと」

新入社員として、今のチームに配属されてから、「案は1つじゃなくて複数出そうね」と頻繁に言われています。結局上手くそうデキるときとデキないときで、まだ半々くらいなのですが。 とはいえ、「案を複数出すことを求められるのって、確かに合理的かも」と…

“正統進化”するサカナクション —— 「SAKANAQUARIUM2017」とデビュー10周年について

「SAKANAQUARIUM2017 10th ANNIVERSARY Arena Session 6.1ch Sound Around」に行きました。幕張メッセ1日目。 サカナクションのライブについては、過去の映像もいくつか見て、「SAKANAQUARIUM 2015-2016 "NF Records launch tour"」は大阪城ホールで、「SAKA…

音楽に関わる仕事をしたい理由

先日、こんな記事を読みました。 超面白かった…。/ものを売る人なら知っておきたい、音楽×ブランドの6つの事例 https://t.co/5HWdwzBxrZ— よっしー (@yosshimusic) 2017年9月18日 音楽など、エンターテインメントを専門にマーケティングを担うレーベル「Mod…

全ての事物はファッションと芸術に帰結する

昔は「いかにもツールらしい、実用性たっぷりのもの」や、「露骨で野心が見え隠れする戦略」を比較的好んでいたのですが、最近はむしろファッション性や芸術性をまとったものに興味を惹かれています。 というのも、本当の意味で突き詰めていくと、そういった…

日本人は「絶対なる正義」を追い求める呪いに囚われているのかもしれない

日本人ながら、かなりどっぷりとフランスで暮らす方の話を、先日聞く機会があったのですが、それがとても興味深い内容でした。 「"分かり合えるはずだ、だから最後には答えは1つになるはずだ"ということを前提にしまっているからこそ、世の中の炎上は起こっ…

他人からの評価を上げたいなら、「能力」を上げるのが1番早い

ほとんどツイートで終わっちゃってる話なのですが。 他人の評価、「人格(0点〜10点)× 能力(1点〜10点)× 相性(0点〜10点)」の1000点満点とかで決まってそう。— よっしー (@yosshimusic) 2017年8月29日 相性はほぼ自らの力では変えられないし、人格は変…

インターネットは世界の一部に過ぎない

インターネットに育てられてきたといっても過言ではない人間ではあるのですが、一方で「インターネットは世界の一部に過ぎない」ことも、日々明確に意識するようにしています。 例えば最近だと、24時間テレビ。自分のTwitterのタイムラインでは、それはもう…

「最近の流行りもの」への感度の低さを「年齢」のせいにしない

こんな記事を読みました。 インプットが尋常じゃない、という一言に尽きるっぽい。/おじさんが若者にウケ続けるには? テレ東「ゴッドタン」Pが続けていること https://t.co/Mdx0xbZzoE — よっしー (@yosshimusic) 2017年8月27日 記事タイトルが表す通り、…

「VALUにはピンと来なかったが、polcaにはピンと来た」層が重要かもしれない

Twitterを見ていると、連日のようにVALUやpolcaの文字が流れてきます。 VALU polca(ポルカ)- フレンドファンディングアプリ 何となくそういう賑わいを見ていて感じるのが、polcaで盛り上がっている層の方が若そうだということ。あくまで自分の観測範囲とい…

結局、「正直者が損をしない」世界へ

タイトルは、たまたま隠居系男子さんの昔の記事っぽいですが、特に関連はありません。 昨日、最近で1番「いいね」と思うニュースを読みました。 ▼「あくまで個人の感想です」と書いておけば体験談OKの時代は終了のお知らせhttps://www.landerblue.co.jp/blog…

ググり力は、ググる前から始まっている

グループウェアを作っている会社なので、仕事ではグループウェアにとにかく情報を上げまくるし、逆にグループウェアに上がっている(誰かが上げてくれた)情報を活用しまくっています。 そうなってくると、毎日膨大に増え続けるグループウェアから必要な情報…

アウトプットを朝、インプットを夜にして生産性を高める

最近、生活全体を「朝にアウトプット、夜にインプット」の方向にシフトしています。 もともとは、「このブログをもう少し定期的に書きたい、思考をアウトプットしたい」という思いから至ったのですが、最近は仕事の方にも応用しています。 ニュースを見たり…

「意見を伝えるか伝えないか」は、相手が変わってくれる可能性で決める

「意見を伝える」って、すごくエネルギーがかかりますよね。 伝えたいことを整理して、相手や状況に合わせて適当な言葉や言い回しを考え、返ってくる言葉も予測・覚悟して、声や書き込みとして表現する。 脳のエネルギーも使うし、精神も削る。時間も取られ…

「バランス感覚のある人」がカッコいい

最近、「バランス感覚のある人」が徐々に目に留まるようになってきました。 例えば下津さん。彼のこういう話が好きで。 企画書では「量」も重要。|ラキブラブログ https://t.co/MtNszQL92X — 下津曲 浩 (@shimotsu_) 2017年8月11日 「量なんていらない、ミ…

「抽象化スキル」の重要性と、その鍛え方について

昨日今日と、たまたま「抽象化スキル」についての記事を続けて読みました。 めちゃめちゃ分かる、これ。"抽象化スキルは、経験の再利用性を高める"/抽象化スキルが、生死を分ける時代に https://t.co/twIZmbPYNm — よっしー (@yosshimusic) 2017年8月12日 …

Twitterのリスト機能は極力使わない

今Twitterでは、900人近くをフォローしているのですが、リスト機能はほとんど使っていません。 そんな話をすると、時々驚かれます。「それ、だいぶカオスなことにならない?」と。 確かにリスト機能を使った方が、圧倒的に整頓してツイートを追うことができ…

「今日入ってきた仕事」は今日しない、明日する

少し前に買った「仕事に追われない仕事術」という本を読んでいます。そして、これに書かれている「マニャーナの法則」を、最近実際の仕事で取り入れてみています。 これは、「原則、『今日入ってきた仕事』は今日しない、明日する」という仕事術。切り口を変…

社会人生活を楽しくしたいなら、学生時代に「生産する面白さ」を見つけよう

新社会人、4ヶ月目です。 インターネットを眺めたり、あるいは話を聞いたりしていると、同じ新社会人でも、その生活を存分に楽しめている人から、毎日のように学生時代に戻りたいと嘆く人まで、色々いるらしいと感じます。 もちろん、そこには環境の良し悪し…