NOW TO THE FUTURE

音楽とインターネット育ち、駆け出しマーケターのブログ。

音楽

サカナクションが約10年ぶりに1曲のライブ映像を公開した戦略的意義

サカナクションが「多分、風。」のライブ映像を公開。 natalie.mu これ、単に「ライブ映像が1本新たに公開された」以上の意味があると自分は見ています。 これまではライブ映像そのものを「商品」として重く捉えていた サカナクションはここしばらく、「ライ…

Google Homeで感じる「Spotifyにない音楽 = この世に存在しない音楽」の世界

最近、Google Homeを買ったんですけど、これがすごく便利で。口頭でラジオを聴いてみたりだとか、タスクを追加してみたりだとか、いろいろ使い方は試してるんですけど、やっぱり1番は音楽を聴くのに重宝しています。 Google Homeでは、音楽サービスとしてSpo…

“正統進化”するサカナクション —— 「SAKANAQUARIUM2017」とデビュー10周年について

「SAKANAQUARIUM2017 10th ANNIVERSARY Arena Session 6.1ch Sound Around」に行きました。幕張メッセ1日目。 サカナクションのライブについては、過去の映像もいくつか見て、「SAKANAQUARIUM 2015-2016 "NF Records launch tour"」は大阪城ホールで、「SAKA…

ドラム初心者の自宅練習には十分すぎるパッド「EVANS RF6D」

数年前からじわっとドラムをやっていて、かなり断続的な練習体制でここまで来てしまった長きに渡る初心者です。 最近、いろいろあって購入した「EVANS RF6D」がとても良いものでした。 ドラム練習パッド「EVANS RF6D」 ドラムの練習パッドとか言われるものの…

「予想できるようで出来ない歌詞」にこそ、心を動かされる

先日、ENTHRALLSのワンマンライブに行きました。 正直、彼女らに関しては、アルバム『TEXTURE,MOISTURE』とYouTubeに上がっているいくつかのMVの範囲でしか知らなかったのですが、2時間ちょっと(たぶん)のライブは十分に楽しめました。 広く捉えれば、いわ…

フジファブリック「桜の季節」は、”春”真っ最中の歌ではない ——”遠くの町に行く”のが、なぜ”桜の季節過ぎた”後なのか

今日、東京では桜が満開になったとのこと。僕もちょうどお花見の予定が入っていたので、楽しんできました。 志村正彦(Vo, G)が死没する前のフジファブリックの楽曲に「桜の季節」というものがあります。確か1stシングルにして、メジャーデビュー作品だった…

「バンドをすることは”チームワーク”の1つ」と考えるともっと面白くなる

ここ3ヶ月ほど、大学の音楽サークルで修行のような数のコピーバンドをやってきました。平均するとスタジオに入らない日が1日もなかったのでは…というレベル。 たかがコピーバンド、されどコピーバンドといいますか、結構ここから学べることは多くて、その1つ…

ミュージシャンのためのWebサイト制作方法まとめ

なんかこの辺りの質問、そこそこされること多いので、記事としてもざっくり僕の答えを書いておこうと思います。

プロアーティストの「ライブ撮影・シェア解禁」には懸念もある。

photo credit: Oasis live in Singapore via photopin (license) ラウドロックバンド coldrainが、「ライブ撮影・シェア解禁」をした件に関する話。

文字通り”歌い継がれる”名曲、the pillows「Funny Bunny」カバー集

好きな曲はたくさんありますが、その中でもFunny Bunnyという曲は本当に好きで。元気を出したいとき、何かに立ち向かわなければいけないときに個人的によく聴く曲です。 是非とももっと知られてほしいので、今日は原曲とそのカバーをざっと紹介して、いかに…

バイノーラル録音はプロじゃなくても出来るらしい

photo credit: . Binaural MrThesis via photopin (license) 案外できるらしい。

サカナクションがMステで仕掛けた2つの「バズ」テクニック

今日は花金。Mステでした。 今夜のMステは・・・嵐/ゲスの極み乙女。/サカナクション/ザ・クロマニヨンズ/乃木坂46/Hey! Say! JUMP VTR企画は、「自分より歌が上手いのは誰ですか?」 #Mステ — music station (@Mst_com) 2015, 10月 23 最近はバンド枠…

日本の音楽産業の「タイアップ文化」は世界的には異様らしい

こんな話に出会いました。Lang-8という外国語のライティング添削サイトで、アメリカ人の方が投稿した内容。 日本の音楽産業はすごく面白いと思います。特に、タイアップ曲という現象に興味があります。アメリカでは、タイアップ曲は非常に珍しいけど、日本で…

鍵盤ハーモニカ P-37Dにギターストラップを取り付ける手順まとめ

案外ググってもちゃんとした手順まとめみたいなのがなかったので、書いてみることにしました。

総当たりはやめよう――「直接ライブに誘う」のは”本当に”興味を持ってくれている人に絞るべき

それ、誰も幸せにならないお誘いになっていませんか?

「泣き歌」が秘める、MVではない「映像コラボレーション」の可能性 ー 長編ストーリーによる丁寧な描写が聴衆の心をより引き寄せる?

photo credit: Don't cry my love via photopin (license) 今日、とある音楽と映像の融合作品を見て、とてもグッときました。前評判が良かったので期待してはいたのですが、それでもグッときました。

難聴になる前に。音楽ライブ用耳栓「CRESCENDO Music」はライブキッズ必需品【レビュー】

買って大正解でした。本当に。 爆音で消耗する前に――難聴になってからでは遅い ライブによく行く人(特に女性)は耳栓を買ったほうがいい~ライブ難聴で耳が聞こえなくなりました~ - 二度漬け禁止 ライブハウスを出入りすることは割と多く、軽音サークルの…

エヴァンジェリスト、戦略PRがカギの時代。高野 修平さん著「始まりを告げる《世界標準》音楽マーケティング」を読みました。

実はこの手の音楽マーケティングに特化した本、初めて読んだんですが、1冊目にはちょうど良かったです。 始まりを告げる 《世界標準》 音楽マーケティング 戦略PRとソーシャルメディアでムーヴメントを生み出す新しい方法posted with ヨメレバ高野 修平 リ…

KANA-BOON「シルエット」世界のカバー4選

KANA-BOON(カナブーン)の「シルエット」という曲があります。アニメ「NARUTO -ナルト- 疾風伝」のオープニングテーマになっていたんですが、その効果あってか世界中でカバーされていました。日本のアニメ・マンガやっぱすげーなあ。ナルトすげーなあ。 そ…

「ドラゲナイ」はいつ、どこで、どのように生まれ、盛り上がっていったのか

photo credit: Sekai No Owari Free Live "Tree" in Tokyo: Saori, Fukase, DJ LOVE & Nakajin via photopin (license) ドラゲナイって誰が言い出したんだろうか — よっしー (@yosshimusic) 2015, 2月 6 こういう流行・社会現象って意図的に作り出されたもの…

アメリカに行って感じた、海外から見た日本の音楽事情

photo credit: kodomut via photopin cc 語学留学のためについ先日まで1ヶ月行っていたアメリカでしたが、個人的に初めての海外だったということもあり、外から日本という国を見直す良い機会にもなりました。 そんな中、日本の音楽事情に関しても気になる点…