NOW TO THE FUTURE

音楽とインターネット育ち、駆け出しマーケターのブログ。

ググり力は、ググる前から始まっている

f:id:yosshimusic:20180921204148j:plain

昨日、こんなツイートを見ました。

検索力の中でも特に「ググり力」の話。ついでに、こんな記事も思い出しました。

これは本当にそうだなあと。

検索は、「知っている1から、知らない100までを結んでくれる魔法」ではなくて、あくまで「1から2へ、2から3へと知を進めていくツール」でしかないんですよね。だから、前提となる知識を増やすための「勉強」は、いつでもググれる時代になった現代でも必要なものとなっている。


そして、こうした前提の知識の量に加えて、検索力・ググり力に大きく影響するものとして、インターネットや、Googleを始めとするデータベースに対する信頼度がありそうだなと、最近強く感じています。

「何でも調べず、すぐ他人に聞きたがる人」って、一定数いると思うのですが、彼らは必ずしも「検索するのが面倒だから他人に聞いている」わけではないと思うのです。

彼らのなかのある程度の人たちは、ググれる人からすると、信じられないくらい「ググってもどうせ見つからないと思っている」のではないでしょうか。だから、ググれないし、ググる気にもならない。

逆にググれる人は、「こんなもの、Google先生に聞けば見つかるに決まっている」と、信じて疑わないマインドがある。そして、そういうマインドにたどり着くに至った経験がある。インターネットやGoogle、検索に対して感動した経験がある、とか。


というわけで、「ググり力は、きっとググる前から始まっているのではないか」という話でした。

教育とかも、この点にフォーカスして設計されると、この先、幸せな人が増えるのかもしれません。なんでもかんでも覚えさせるのではなく、あくまで検索するための前提知識をつけることだけに特化するするとか、実際に検索して、その素晴らしさに感動できる経験を増やすようにする、とか。