NOW TO THE FUTURE

音楽とインターネット育ち、駆け出しマーケターのブログ。

結局、「正直者が損をしない」世界へ

タイトルは、たまたま隠居系男子さんの昔の記事っぽいですが、特に関連はありません。

昨日、最近で1番「いいね」と思うニュースを読みました。

▼「あくまで個人の感想です」と書いておけば体験談OKの時代は終了のお知らせ
https://www.landerblue.co.jp/blog/?p=34641

これ、以前から本当に納得いかない逃げ方だなと思っていました。不誠実だなと。探してみたら、そんなツイートもしていました。


以前、GoogleがWELQ対策を行った際も思ったのですが、「世の中は、正直者が損をしない世界へ向かっているな」と。

確かに、不誠実な人が(一時的に)得をしたり、正直者が余計な得は得られなかったり、という構図は、きっと最終的にも残ると思います。

しかし、不誠実な人は行いが発覚する度、テクノロジーや法によって多大なる制裁を受け、当然ながら正直者は、そういったものとは無縁の人生を歩む。


今はまだ、正直者が得をしないどころか、損すらしている世界かもしれません。

しかし今回、世界はゆっくりとでも、正直者が損をしないようになっていくんだろうなと、改めて感じました。